「楽しみ」と「寂しい」の交錯

渡米日が決まって、毎日誰かと会う日々を過ごしています。準備もちゃんとしなければならないし、勉強も続けなければならないけど、人と話すことで気づくことや学べること、元気をもらえることもたくさんあるのでこの時間も大事にしています。

留学に対してもちろん楽しみと思う気持ちもあるし、やってやるぜ!って気持ちもあって、でも色んな人と会う度にしばらく会えなくなるのかっていう少し寂しくもなる毎日です。

最近は特に地元の友達と会うことが多いな〜。地元の友達っていうか、幼なじみ。小学4年生?ぐらいからずーっとなんで13年ぐらいです。ながっ。
こんなけ長い時間一緒なのでもはや家族です。何でも話せて居心地が良くて、笑えて、でもちょっと恥ずかしいから感謝の気持ちとかは面と向かってあんまり言えなくて、でも大好きで何より大切で、っていう関係です。
夢を叶えて働いて、ってしてる幼なじみを羨ましくも思い誇りにも思います。
自分も頑張らないとな!っていう気持ちに嫌味なく自然とさせてくれることに本当に感謝です。

最近会いすぎてるから急に会えないってなると反動ですんごい寂しくて悲しいんやろうなって思います。
でも、一生会えなくなる訳じゃない。友人との一時的な離別は辛いけど、後から人生を振り返ったときにアメリカに行くことを選択して良かったなって思えるようにしたいし、それも自分次第だなって思います。

いつか家族同然の幼なじみに、「今、こんな仕事してるんだ!」って言えるように頑張ります。
どこにいても応援してるし、逆に応援してくれています。どこにいたって想ってるし、(変な意味じゃなくて笑)どこにいたって心配してるし、どこにいたって元気でいてほしいって思う、そんな存在です。

また奈良に帰ってきたときはいっぱい話そうな。
いっぱい話して、いっぱい笑って、いっぱい遊ぼう!


いつも本当にありがとう。
これからもとりあえず元気でいててな!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2015-10-10 01:23 | 日々

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I