2015年は?2016年は?

2016年になりました。日本では年の始めを三が日、正月というようにすごく重視しているような気がします。ゆっくりと家族で過ごしたり初詣に行ったり、と年の始まりの特別感を感じやすいと個人的に思います。

2015年、多くの人にお世話になり「今」の自分があります。ちょっとでもがっつりでも関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

今年は留学して初めて過ごす年越しでしたが、「年を越した!」っていう感覚が驚くくらいにありません。少し物足りない気がする程です。日本の正月味わいたい!って思ったり。でも新しい年が始まって、良い機会だと思うので旧年の振り返りと新年の抱負を記録用として書き留めておくことにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年は自分の人生の中で大きな節目の年。

2015年3月に大学を卒業しました。
同じように卒業する友達はみんな就職もしくは進路が決まっています。もちろん。
自分は4月から同じ大学の大学院に進学することになりました。ゼミの先生からの提案でした。本当は卒業の時点で留学が決まっていればベストやし、それを望んでたけど現実はそうじゃなく何も決まってませんでした。「決まってない」というより「決められなかった」という表現のほうが正しい。たぶんそれをゼミの先生は見抜いてたんやないかな。「卒業してふらふらするぐらいやったらとりあえず大学院入ってもう一回悩め。」というメッセージやったんかもしれないです。
何を悩んでたのかはっきり思い出せないし、アメリカにいる今ならもっと早くに来たらよかったのに、って思うけど、あの時の自分はたくさん悩んでたんやろうな。周りと比べてしまう悪い癖があるから、「友達はみんな社会人として社会で誰かの為に働くのに、アメリカに行きたいとか言うてる。何考えてるんや、自分。」みたいな感じと共に「やってけるんかな、ほんまに。」のような躊躇いもあったんかな。
たぶん「アメリカでアスレチックトレーナーになる」っていうことに対して、どこか自分で不安に思って決心できていなかった部分があったんだと思います。

でも大学院に入って、決心できました。
「今やってる勉強はやりたいこととちゃう。どうせ勉強するんやったら、自分がやりたいことしたい。」って。
プラス、学生トレーナーからの活動から離れて
「やっぱりアスレチックトレーナーになりたい。あの時が一番楽しかった。やし、関大での学生トレーナーの時にはできへんかったこと、選手が悔しい思いしてるのに力になってあげられへんかったこと、わからないことだらけやったこと、あのとき何かできていれば、、、とか今、『後悔』として残っていることを全部次に繋げたい。」って強く思うようになりました。

思ったらこっちのもん。決心できたらあとは行動するだけ。
心に決めることができれば人は勝手に動くもの。

それまで留学出願の準備(事務的作業)はある程度していたのでそこからは早かったように思います。

10月からアメリカに来ることができました。

覚悟を決めて突き進むって難しい。でもビジョンを明確に持って相応の努力と行動さえ伴えばできないことは無いと信じてます。『努力』と『行動』の前に『具体的なビジョン』。『具体的なビジョン』の後に『努力』と『行動』。
これらが足りていないときは何も進まないし、何も見えてこないし、何も変わらない。動きたいけどじっとしていると、じっとしかしていないと、自分で自分に嫌になります。



そして、2016年になりました。

今年は自分の夢や目標の「基礎」を積み上げる年になります。よく言われることですが、何事も基礎が大切。学問的なことに関しても基礎がしっかりしていれば応用の理解もし易いし何より現場での実践を考えると基礎は本当に大事だと思います。アスレチックトレーナーを職業にしたいと思っている以上、基礎の徹底には力をしっかり入れたい。それが自分の為でもあり、何よりこれから出会う選手の為でもある。
そして今年中には大学院へいよいよ出願。2017年の夏からは大学院で勉強できるように。それまでの計画をしっかり立てて1つ1つ段階をクリアしていくことも今年の目標の1つ。

再来週から授業も始まって、解剖生理学やアスレチックトレーニング入門を履修する予定です。ATルームでの活動などはどのようなものなのかなどまだ未確定なことも多いけど、それも楽しみです。


今年、2016年のテーマは、
あらゆる場面での「基礎の徹底」、どんな時でも「感謝の気持ち」、例えピンチでも「楽しむ」

自分の性格上、固定観念や先入観にとらわれすぎて柔軟に物事を受け入れられないところがあります。また必死になりすぎてしんどくなって周りが見えなくなって楽しむことを忘れて負の連鎖に入ってしまうことがあります。しかも後から考えたらそんなにネガティブに考えなくてもいいことを考えすぎてしまうこともよくあります。

だから今年のテーマはこの3つにします。今年は色んなことが始まって、時に決断をしなければならないことも出てくると思います。後で後悔しないように必死にがむしゃらに、でも楽しむ気持ちを忘れず、感謝の心を大切にして一日一日大切に過ごしていきたい。2016年の12月31日に2016年生きた自分に「頑張ったな!」って言ってあげられるように、日々進んでいきたいと思います。


今年もたくさんの人に出会って、たくさんの人にお世話になって、たくさんの人と一緒に生きていくと思います。
少しでもがっつりでも自分に関わってくださる人達、よろしくお願い致します。

笑顔で元気に今年も生きていきます!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-01-05 13:10 | my feeling

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I