保存法を制する者は食を制する

新しい家に引っ越してから料理をするようになりました。理由は三つ。前の家では大家さんが変な人やったからキッチン使うのが大変やったことと、今の家ではハウスメイトの先輩が超家事できる人ということと、今の家のキッチンがすごぐ使いやすいということ。
まだ冬休みで時間的に余裕もあるということもあるけど基本三食とも自分で準備します。特に夕食は先輩と一品ずつ作ったりして日本食のオンパレード。調味料が完璧に揃ってて何でも作れる環境や!(いや、ちょっと言い過ぎた。)朝は果物とか摂るようにして、昼はぱぱっと作れるものを。夜はああやこうや言いながら料理してます。これがまた楽しい。先輩が一汁三菜などのバランスをめっちゃ大切にしてくれる人やから栄養バランスは完璧かと。毎日おいしすぎて食べ過ぎて逆に太ってしまうんちゃうかって思うぐらい!

カレー、豚の角煮、余った角煮でチャーハン、カレーうどん、カレードリア、(カレーほんまに万能!)、トンテキ、野菜スープ(大量に作って保存)、もつ鍋味の鍋(もつは手に入りません。笑)、トマト煮込みハンバーグ、オムレツ、味噌汁
などなど。
も~ちろん、白米!この家は代々日本人留学生が住んでるから炊飯器が二個もある。
夕食は先輩と分担して作るから楽です。一人一品作ったらその時点で二品食べられる!あとは毎日、サラダか余ってる野菜を炒めたものなどを準備してくださいます。有難い。

プラスすごい役立ってるなって思うことが食材の保存方法の工夫。食材の保存方法に工夫が必要なのにも訳があります。まず、安くて良いスーパーには車でしか行けない。となると、大家さんのじーちゃんに連れてってもらわなくちゃいけない。そうすると必然的に食材かいもんの頻度は2週間に1回程度。ここで重要になってくるのが1度に大量に買った肉、野菜達をいかに新鮮な状態を保ちながら保存するか!!!日本で一人暮らししてた時なんかはスーパーがすぐそこにあるからこんなこと考えたことなかったです。けど、ここでは生きてく為に必要なこと。(笑)先輩が色々教えてくれるのでこの冬休みで生活の知恵がパワーアップしてるのを実感してます。肉は1回に使うおおよその量に小分けして冷凍、野菜も種類によってはみじん切りにして冷凍、冷凍方法も種類別に工夫をこらして、、、などなど。

なんか自分が思ってた以上に学べることが生活の中にも転がってて、今までの自分ってほんもに何もしてなくて何も知らなくて恵まれた?便利な?環境で生活してたんやなと改めて実感。これからセメスターが始まって専攻の授業を取っていってもちろん勉強はたくさんしなあかんし勉強したいこともたくさんあるしその為にアメリカに来たけど、それらとは直接関係のない生活の中でもここに来て初めてわかったことや知ったことなんかもたくさんあって。
別にアメリカに来なくても知ることができたことかもしれないけれど、この地だから日本の良さを改めて感じることも多くて、でもアメリカに来てよかったって思うことも多々あって。

うまく言えへんけど、とりあえず充実してます。これからもっともっと充実していくはず。というか充実させてやります。

本当に大切なのは「自分で行動する」こと。Lazyにならずに、何事に対しても積極的に労力を惜しまず!好奇心を持って!
また明日も生きることにする。


全然勉強や自分の専攻に関係無いけど、たまには留学生活のこと書いてみようと思って書いてみました。


明日はトレーニングしてから勉強やーーー!!!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-01-08 23:52 | 留学

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I