やっとの思いで、オリエンテーション

今日はTransfer studentのオリエンテーションがありました。

実は、この段階まで色々大変やった。「大変」というよりかは、「え?」みたいなことが多くて本当にやっとの思いでのオリエンテーションとレジスターでした。
まず大学に正式にacceptされたのは昨日、っていう。(笑)出願は11月にすでに完了、書類もすべて提出した、お金も払った、「後はメール来るのを待つだけ」とアドバイザーには言われていました。なので、待ってました。しかし、待てど暮らせどCongratulationメールが来ない。代わりに来たメールは「書類ちゃんと提出されたないよ~。」のメール。その都度、アドミッションオフィスに電話したり訪ねたり。返事は「ちゃんといけてるよ!たぶんこのメール自動配信だから行き違いだね!安心して!」ふむふむ。安心する。みたいなやり取りが2回続き、年が明けてから再びメールが来る。いけてないですよメール。連絡しまくりました。確認しまくりました。やっと、オフィス側は「あ!おっけ!わかった!いけたわ!」みたいな感じ。
いやいやいやいや(笑)最初からちゃんと確認してよ!って思いながら、その日は帰りました。
そして昨日電話が来て、「専攻はAthletic Trainingで合ってる?いけたよ!明日オリエンテーションがあるから行ってね~!」と。電話来なくてもオリエンテーションは行くつもりやったけど、これで堂々と行けました。

とりあえず行ったらなんとかなるやろって思って朝8時からのオリエンテーションに参加。全体の概要説明や履修登録などの説明が終わった後は各専攻ごとの教室に分かれて少人数での履修相談です。Athletic Trainingの教授にも会えて、自分の特殊な状況を説明。この先Athletic Trainingの大学院にapplyしたくてその為の授業取りたいんだ、と。すると「よっしゃ!なるほどな!どれ取りたい?」と親身に話を聞いてくれました。

prerequisitesを満たす為にAnatomy&Physiology ⅠとⅡを取らなければならず、A&PのⅠを取るためにはこの大学ではBiologyを取らなければなりません。
Biologyを取らずにA&Pを取るにはBiology Departmentの教授の許可が必要です。許可取れないかな?って言ったら、「よし。隣がBiologyの教室やから言ってみよ!」と関大での成績証明書を持って一緒に来てくれました。事情も説明してくれて、日本で履修していた授業科目を見ながらBiologyの教授も許可を出してくれました。
システム上は取れない授業ですが、すぐに登録できるようにしてくれて本当にスムーズでした。無事、A&P Ⅰ登録完了しました。

今学期履修する授業は、Anatomy&Physiology、First Respond、Prevention&Care of Athletic Injuries、Taping Bracing & Protective Equipmentの4つです。もう一つ取りたい授業があったのですが、今は満席で登録できませんでした。Drop期間に誰かがDropするかもしれないので逐一チェックして取れたら取ろうと思います。

学費も払い終わって、テキストも手に入りました。ほっとする気持ちと共に、すごくわくわくしています。

やっとやりたかった勉強ができる、の思いでいっぱいです。こんなの言ってられるのは最初のうちだけかもしれませんが、好きこそものの上手なれ、「勉強したい」っていう気持ちは大切だと思います。
自分に甘んじることなく、ストイックにやっていきたいと思います。

来週の火曜から始まるので、今週はキャンパスの確認や会えるのならば先生に会ったり、あとは教科書を読んで予習もやりたいと思います。


時間を無駄にしないように!Keep Going!!



[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-01-12 17:03 | Athletic Training

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I