今セメにタイトルをつけると‥

今のセメスターが終わるまであともう少しです。

今週で授業の週は終わりで来週はファイナルウィークです。
時間が経つのは本当に早く、特にアメリカに来てからは時間の早さを感じることが多いような気がします。

思い返せばこのセメスターが始まる前、かつ1週目はやつれていました。

ほとんど無知に等しい分野の化学と物理を取ることになり、そしてコンセプトが難しい統計学も取ったので頭がついていきませんでした。
その前のセメスターはやればやるだけ、時間をかければかけるだけ頭の中で情報が整理されていくのが分かり、そして成果としても自分でわかることが多かったように思います。
どれだけ自分のエネルギーを費やせばどれぐらい理解できるかということを掴めていたので、計画的に勉強しやすかったです。

しかし一方で、今期は履修する授業に対する直接的な興味があまりなかった、そして高校の時に「自分には無理」と諦めた化学と物理だったので敷居がとても高く、まず手につけるのにとてもネガティブな気持ちで始めていました。
そうした要因が相まって勉強するのが苦しかったです。今もファイナル前で苦しんでいます。笑

でもある時から、「プレリクになっている意味」を考えるようにしました。
BUでアスレチックトレーニングを学ぶための基礎知識として設定されている意味を考えれば必要性を見出すことができ、モチベーションが上がるのではないか!と。
そこからは言い聞かせました。
「役に立つよ、うん、きっと役に立つ、いつかきっと勉強しててよかったって思うよ、これは基礎だから。」
自分を奮い立たせるとはまさしくこのことです。笑

こうしたことによって飛躍的に学習効率が上がった訳でもなく、自分が天才になった訳でももちろんありません。
ただ、これらの勉強にいかにエネルギーを注ぎやすくするのか、という点に絞ってみると大きな収穫を得たセメスターになったと思います。

「ただ必要な授業取ったセメスター」より、
「やる気の出ない自分をいかに奮い立たせるかを試したセメスター」というタイトルのほうが、自分に取っての有益さが出てくるような気がします。


あともう少し。

もう少し頑張れば自分の大好きな分野の勉強が始められます。
長かったけどあともう少し。


残りのファイナル、頑張ります。

[PR]
by mayk_trace_atc | 2017-04-21 06:05 | 留学

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I