カテゴリ:留学( 10 )

今のセメスターが終わるまであともう少しです。

今週で授業の週は終わりで来週はファイナルウィークです。
時間が経つのは本当に早く、特にアメリカに来てからは時間の早さを感じることが多いような気がします。

思い返せばこのセメスターが始まる前、かつ1週目はやつれていました。

ほとんど無知に等しい分野の化学と物理を取ることになり、そしてコンセプトが難しい統計学も取ったので頭がついていきませんでした。
その前のセメスターはやればやるだけ、時間をかければかけるだけ頭の中で情報が整理されていくのが分かり、そして成果としても自分でわかることが多かったように思います。
どれだけ自分のエネルギーを費やせばどれぐらい理解できるかということを掴めていたので、計画的に勉強しやすかったです。

しかし一方で、今期は履修する授業に対する直接的な興味があまりなかった、そして高校の時に「自分には無理」と諦めた化学と物理だったので敷居がとても高く、まず手につけるのにとてもネガティブな気持ちで始めていました。
そうした要因が相まって勉強するのが苦しかったです。今もファイナル前で苦しんでいます。笑

でもある時から、「プレリクになっている意味」を考えるようにしました。
BUでアスレチックトレーニングを学ぶための基礎知識として設定されている意味を考えれば必要性を見出すことができ、モチベーションが上がるのではないか!と。
そこからは言い聞かせました。
「役に立つよ、うん、きっと役に立つ、いつかきっと勉強しててよかったって思うよ、これは基礎だから。」
自分を奮い立たせるとはまさしくこのことです。笑

こうしたことによって飛躍的に学習効率が上がった訳でもなく、自分が天才になった訳でももちろんありません。
ただ、これらの勉強にいかにエネルギーを注ぎやすくするのか、という点に絞ってみると大きな収穫を得たセメスターになったと思います。

「ただ必要な授業取ったセメスター」より、
「やる気の出ない自分をいかに奮い立たせるかを試したセメスター」というタイトルのほうが、自分に取っての有益さが出てくるような気がします。


あともう少し。

もう少し頑張れば自分の大好きな分野の勉強が始められます。
長かったけどあともう少し。


残りのファイナル、頑張ります。

[PR]
by mayk_trace_atc | 2017-04-21 06:05 | 留学
随分と空いてしまって何から書けばいいかわかりませんが、とりあえず夏の話から!
夏のセメスターが終わって2週間後に日本へ一時帰国し、8月いっぱいは日本で過ごしていました。

たくさんの人に会えて色々な話を聞けて本当に充実した日々でした。息抜きしすぎなんちゃうかってくらいリラックスした日々で、しっかりと充電してきました。
恵まれた話で家族も含め周りの友達や先輩、後輩もそれぞれの場所で頑張っているようで自分も負けてられないなと思いました。
自分にパワーを与えてくれるのはいつも周りにいる人たちで、つくづく感謝です。


9月にはアメリカに戻ってきて2週目から授業が始まりました。
もう結構経ちますが、少しブログに書いておこうと思います。

今回のセメスターの自分的に1番大切な授業はKinesiologyです。プレリクの1つということもありますが、このクラスでは骨や靭帯、筋肉の正確な場所を触診で確認することやノーマルのROMやMMTの方法などを学びます。
それぞれの筋肉が身体におけるどの動きに作用するのかなども学ぶことの1つです。
アスレチックトレーナーとして怪我を評価する前に「ノーマル」を知っておくことは非常に重要なことですし、だからこそどの大学院もプレリクに挙げているのかなと思います。

この他にStrength&ConditioningやNutritionなども取っています。
またオブザベーションアワーも取らせてもらえるそうで、今連絡待ちです。



今年の初めのSpringセメスターよりもだいぶ慣れてきたところがあり、落ち着いて勉強できている気がします。
英語にもだいぶ慣れてきて前のセメスターよりも積極的に話をすることもできている気がします。

でもこれが悪い方向にいかないように、しっかりと緊張感を持って向上心を持ってやっていかないといけないなと今これを書きながら感じています。


このセメスターも終わる頃には
「いや〜、大変やった、でも頑張った!」
と、自分で自分に言えるように、毎日1つ1つ積み上げていきます!!!


では、また!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-09-19 21:15 | 留学

Got a driver's license!!

こんにちは~。
ここ二日間ぐらいめちゃくちゃ暑いです。
大家さん曰く、めちゃめちゃ湿気があるらしいのですが、日本人の自分にとったら「これで湿気すごいって言ってたら日本どうなるねん。」ぐらいの感じなので日本よりかは断然過ごしやすい夏です。

天気のことは置いておいて、
今日、自動車運転免許の路上試験(Road Test)を受けに行ってきました。
結果は、、、、、合格~!
ちょっとひやりとしたことも少なくなかったですが、無事免許Getです。
一時帰国の前に取ることができてホッとしています。なぜなら、次アメリカに帰ってきた時はすぐにセメスターが始まってしまうから。
免許取りに行く時間なんて無さそうですからね~。


そこで今回の記事はアメリカ(特にマサチューセッツ州)での車の免許の取り方を記しておきます。
こういうことってすぐ忘れちゃいそうなので、、、。(笑)
あくまでマサチューセッツ州のことであり、現時点での方法であり、かつ留学生の場合ということを了承した上で参考にしてください。


まず、日本と同様で筆記試験に合格しなければなりません。
そこでRMV(Registry of Motor Vehicles)という自動車管理局なるOfficeへ必要書類を揃えて筆記試験を受けに行きます。

必要な書類は、
1.有効なパスポート(ビザがついているもの)
2.SSN(自分の場合はまだ持っていないので別の書類が必要)
3.I-94(印刷したもの)
4.試験申込書(http://www.massdot.state.ma.us/rmv/からダウンロードorオフィスに置いてあるのでその時記入)
5.公共料金などの住所が証明できる書類(自分はBank of Americaからの郵便物を持っていきました)
6.I-20(これは要らないようだったのですが念のため持っていきました)

2のSSN(Social Security Number)ですが留学生である自分は持っていないので、学校のInternational Officeへ行ってまず車の免許を取りたい旨を伝えました。
すると、「SSN持っていません証明書」のようなものをもらいました。そこには免許を取りたい旨も記載されていました。
この証明書を持って自分が住んでいる市のSocial Security Officeへ行きます。
そこで車の免許を取りたいということとこの証明書、あとは上に記した書類達を念のため全部持っていきました。
I-20とI-94と有効なパスポートがあれば大丈夫なようです。
この手続きを一番初めにやらなければなりません。
自分のInternational Officeから証明書をもらうのにも少し日数が必要だったので注意です。

Social Security Officeからまた新たに書類をもらうのでそれも持ってRMVに行かなければなりません。


RMVはマサチューセッツ州にいくつかあるようですが、自分の家から一番近いリビアというところにあるOfficeへ行きました。バスで一本で行けます。
朝開く時間少し前に行ったのですが、すごい列でした。曜日が金曜日だったこともあったと思うのですが、タイミングによればすごく待たなければならないこともあるかもしれないので注意が必要です。


入るところから並び、入り口のところで女性の方がそれぞれの人の内容で列を分けていました。
筆記試験を受けたい、と言えば記入しなければならない用紙(もしプリントして持っていっていなければ)を渡してくれて何を書けばいいか教えてくれます。
免許のカテゴリーは「Class D」です。

用紙をすべて揃えて列に並ぶと、まず「書類Check係」的な窓口へ通され書類をCheckされます。そして全てそろっていれば番号を渡され、その番号が呼ばれるまで待合室で待ちます。
綺麗で広いところで係の人達もみんな親切なのですごく気が楽でした。

番号が呼ばれると、その窓口へ行き、書類を全て渡します。書類を全て確認された後に軽い視力検査があります。
小さな機械をのぞき込むとアルファベットが順序良く並んでおり、「◯番の列のアルファベットを読んでみて!」と言われます。
順番に読んで、色彩の検査があり、終わりです。本当にすぐに終わります。笑
その後試験料を払います。確か、20ドルだったような。(曖昧ですいません。)カードも使えます。
そして最後に写真撮影です。

そして、ある紙を渡され、「この紙を持って一番奥のカウンターに行ってね」と言われます。
この紙をもらう時に、筆記試験を日本語で受けたいというとこの紙に「Japanese」と書いてくれて日本語で試験を受けることができます。
英語でももちろん受けてもいいと思いますが、英語だとどの問題が出てくるかわからず、また自分の場合は日本で車の免許を5年間持っていたので大丈夫だろうと思って日本語にしました。
日本語の筆記試験は恐らく同じ問題を使いまわししているのでネットで検索すると問題と答えが出てきます。
20問も無いくらいなので覚えていけると思います。


一番奥のカウンターへ行くと日本語の試験問題が渡され、小さな部屋で受けます。
英語だと試験はコンピューターですが他の言語だと紙になります。
隣の人はフランス語で受験していました。

全ての問題に答えなければ不合格となるので注意が必要です。4択なのでわからなくてもどれか1つ選ぶようにしたほうがいいです。

解き終わってからまた同じ人へ問題と答えを渡しにいき、待ちます。
しばらくすると名前が呼ばれ、「合格」と言われ仮免許(Learner's Permit)が渡されます。
ただの紙ですがすごく大事なので大切に保管しなければなりません。

これで筆記試験は終わりです!
そうです。アメリカでは筆記試験に合格すると仮免許が貰えるのです。
アメリカではこれが常識ですが日本人からすると驚きですよね。あと値段も。



さて、次は路上試験(Road Test)!

Road Testを受験するには2つの方法があります。
1つ目はRMVのHPで直接予約する方法です。ただし1カ月以上待たなければならないことも多く、また試験内容が縦列駐車などの日本ではあまり求められない駐車方法が含まれるので試験官の当たりが悪ければ受かりにくいとも言われています。
なので自分は2つ目の方法であるDriving Schoolへ申し込んでRoad Testを受ける方法にしました。
Road Testを受ける際にはスポンサーという免許を一定期間持っている人と試験用の車を用意しなければなりません。しかし、Driving Schoolへ申し込むとこれらのことはSchool側が担ってくれるので心配は無用です。
また日本の教習所と違って、Driving Lessonも自分で回数などが選べます。つまり、レッスン無しでRoad Testだけ受験するということも可能です。

私の場合は、1回だけレッスンを申し込みました。1時間で40ドルです。
申し込みの時に、「日本の免許を持っているのでレッスンでは具体的に試験でどんなことをするのか教えてほしい。」と言いました。
すると、直近のレッスン可能な日時を指定してくれました。
Road Testについては土日の受験になり、運よく2週間後の土曜に受験可能とのことでした。
この受験日についてもその場ではすぐにわからず、School側からの連絡を待たなければなりませんでした。
これは、School側が生徒の名前と受験日時をRMVに送り、RMVがOKを出すまで何人その日に受験かわからないからだそうです。


さて、Driving Lessonですが、陽気で優しいおっちゃんが家まで来てくれました。
家の前で運転席に乗り込み、色々と説明を受け、そして試験内容を教えてほしい旨も伝えました。
1時間の間で試験に出る駐車方法や、問われることを教えてもらい、さらに実際のコースをたどりながら、ここではこう聞かれるよ、など丁寧に教えてくれました。
このレッスンを受けていてよかったなと思います。
特に縦列駐車は慣れていないと中々できません。マサチューセッツ州では縦列駐車をする場面が多いのでこれは必ずRoad Testでやらなければなりません。
また、上り坂と下り坂で止まる時にハンドルをどちらに切るか、という質問も特徴的です。
縁石の有無で左右が変わり、『上り坂、縁石あり』の時のみ『左』へハンドルを切らなければならず、それ以外は『右』です。

などなど、Road Testへの準備として必要なことも多いのでオススメです。



そして、いよいよRoad Testです。
Driving Schoolへ指定された時間へ行くと、待っている人たちが何人かいました。
教室に入り、また紙を書かなければならないのですが、Driving Schoolの人がチェックしてくれます。
すんごく優しい元気なおばちゃんでした。

Road Testは2人1組で受けます。
運転席に生徒1人、助手席にはRMVから来た試験官、運転席の後ろにDriving Schoolの先生(1回レッスンしてくれた優しいおっちゃん)、そして助手席の後ろにもう1人の生徒です。
時間短縮の為、行きに1人テスト、帰りに1人テストでDriving Schoolへ帰ってくるようです。

コースは以前の教えてもらったコースで内容もほぼ全部同じでした。
運よく試験官のおばちゃんがすごく陽気で優しい人だったので、リラックスして受験できました。
間違いそうになるところを全部言ってくれるという、「ほんまに試験官?笑」みたいな感じの人でした。
縦列駐車も全然思ったようにいかなかったのですが、合格しました。
「え?ほんまに?」が感想です。

Driving Schoolの人によると、試験官は当たりハズレがすごいようです。
でもこればっかりは運なのでどうしようもありません。


合格すると車内で用紙にサインをくれます。
Learner's Permitにもサインが書かれます。
合格後にやるべきこととしてはRMVにお金を払わなければなりません。
Onlineで払えるそうなので、Onlineで支払った後レシートを印刷しLearner's Permitと共に保管。
支払いが完了後、1週間ほどで本当のDriver's Licenseが郵送されてくるそうです。



以上が大まかな流れです。
日本の免許を取る過程と比べると断然安いですね。
あとはRoad Testに何回で合格できるかが鍵です。

ちなみにDriving SchoolでのRoad Testの受験の為に必要な費用は99ドルです。
RMVで受けるともう少し安いかもしれませんが、再受験の確率や予約日時の早さなどを考慮して私はこちらを選びました。




なにはともあれ!
とりあえずアメリカでの車の免許を手に入れたので少しホッとしてます。
今の大学にいる間は車は買いませんが、来年からの大学院が決まればその地で車は買うつもりです。


ここに書いた情報はあくまで現時点での情報なので悪しからず!!!



さてさて、そろそろ勉強します。笑

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-07-16 15:07 | 留学

初のOnline受講

初のOnlineでの授業が始まり、ちょっと新鮮な気持ちを味わっています。

授業名はStatistics、つまりは統計学です。
希望する大学院の中で統計学がPrerequisiteの中に入っている学校があり、日本の大学では授業としてはかすりもしなかったのでTransferも難しいだろうと考え、履修することにしました。

アメリカの大学では専門科目以外、つまりは学生のほとんどが履修しなければならない、もしくは履修する学生の数が多くてかる基本的な学問領域の授業であればOnlineで開講されていることが多く、Labなどが無ければ理系分野でもちらほらと開講されています。
このあたりはすごく進んでいるなと思います。
例え学校にいなくても単位が修得でき、かつしっかりとした評価基準で評価されるあたりもさすがだなと思います。


統計学は論文やジャーナルなど研究されたものを読み解くときや、自分が研究したことを他者に伝えるときなどには無くてはならない学問だと思います。
特にAthletic Trainingの分野では最近Evidenced-Based Practice(EBP) を重視することが多く、その為にはまず基礎的な知識としての統計学は必須であるなと常日頃感じていました。
統計がわかったからEBPが実践できるとは到底思いませんが、どういう視点から論文を読めばいいのか、その研究が意味するものは何なのかを理解する手助けには十分なり得ると思います。

なので、Statisticsはすごく楽しみにしていました。

実際受講を始めてみましたが、このClassが終わったころには表を読み解く方法やグラフから読み取ることができる内容などを見る視点が養われているはずや!!と、テンションが上がっています。笑


HomeworkやAssignmentなども結構あるので思っていた以上にしっかりと勉強できそうです。


夏の後半はこれしか授業無いからしっかり頑張るぞー!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-07-13 15:57 | 留学
やっと来ました金曜日。
今週はテストが3つあって、そのうちの大きい1つが今日だったので脳みそが疲れてます。(笑)
先週末はなんか忙しくて更新できず。でも、時間無いとか言い訳にしか過ぎないのでもっとタイムマネジメントを効率よくできるように意識!

毎日生きるの必死ですが、学んだことが繋がり始めてきて楽しいです。
圧倒的に知らんことのほうが多いし、わからんこともめちゃくちゃあるけど、でも純粋に楽しいです。

今日のテストなんか、今までに経験したことのない形式で少し驚きました。
解剖生理学のラボのテストなんですが、、、
今回の範囲は、身体の代表的な機能と、組織と、皮膚、頭蓋骨、その他代表的な骨でした。
友達にテストの形式ってどんなん?って聞いたら紙に書くだけやって~って言われて、ラボやのに?って不思議に思ってました。
そしたら何と、紙は紙やけど、問題書いてへん!(笑)
その代わりに教室中の机に置かれた顕微鏡、そして骨と皮膚の模型。あとは紙に書かれてる写真や絵!
それぞれの横に問題文があって、これは何という骨でしょう?とか、この骨のこの部分な~んだ?とか、顕微鏡を覗いて、これは何の組織でしょう?とか。
学生が動き回って問題を迎えに行くっていう形式です。
なんという画期的な(笑)
日本で解剖生理学受けたことないんでわからないですが、日本もこんな感じなんかな?
というかアメリカではみんなこの形式なんかな?
なんか想像してたラボでは、動物の解剖とかめっちゃやるんやろうなって思ってたんですが、今のところ模型達とにらめっこです。
まあこの先、解剖するんですが!
Anatomy&Physiologyはレクチャーとラボで1つの授業ですが、レクチャーは主に生理学、ラボは解剖学用語を具体的に覚えていくっていう感じがします。
他の学校はどうなのかわかりませんが、今いる学校はこんな感じです。

うん。新鮮。(笑)

一応テストやからみんなで紙持って喋らずにもくもくと動くっていう、なんともおもしろい状況でした。(笑)
たまに友達とアイコンタクトで、「え。この顕微鏡の組織、何?わかりにくない?」的な表情で会話。笑
これからもあの形式のテストかって思うとなんかワクワクします。めっちゃ実践的。


Care&Prevention of Athletic Injuriesもなかなか楽しくなってきました。
純粋にいろんな言葉が頭の中に入ってきて理解ができることがほんの少し増えただけやけど、楽しいです。
先生の質問にもちょっとずつ答えられるようになってきました。(最初は何言うてるかわかりませんでした。笑)
日本で学生トレーナーとして活動してたときの経験がすごく役立っています。
今は実習とかも無くて、あくまで教室の中、教科書の中での勉強ですが、それでも「あ。この怪我は○○がよくなってたやつや。」とか「痛いっていうてたんはこういうことやったんか。」とかすごくすっと入ってきます。
今は概論的で、大まかなメカニズムや症状、代表的な対応などしかないですが、これからもっと深く勉強できると思うと楽しみです。


毎日必死やけど、ふと一週間を振り返ると、ほんの小さなことやけど一つ、二つと達成してることがあって、これって大事やなって思ってます。
今週はこれを理解できた、これ覚えられた、とか、そうやって昨日の自分を1ミリでも超えられてるっていう小さな達成感を大切にしていきたいです。
しっかり積み上げて、妥協せず、これからの為に今を生きます。



プラスで感じることは、
「留学生」っていうレッテルを貼ってるのは他の誰でもなく自分自身やったな、と。
もちろん他の学生に比べて言語の面でディスアドバンテージがあるがゆえに、先生に「授業録音してもいいですか?」と許可取ったりとか、わからないところは聞きに行ったりするのは普通だと思うし、先生も優しい人が多いから「いつでも聞きにおいで!」だったり、ゆっくりわかるまで説明してくれたりするんですが、そこからどれだけ理解してどれだけ自分のものにできるかはすべて自分次第やな、と。
留学生やからって評価の方法に特別な加点は無いし、むしろ今取ってる授業はすべてクイズと試験で評価されるので具体的な点数として出てきます。
点数が悪ければ、当たり前ですが全て自己責任。自分がサボっただけ、努力してなかっただけです。

このセメスターが始まってから常に「やばいやばい。留学生やから全然ついてけへん。」「みんなすげえ。」とかずっと思って、周りがすごくできているように見えて、焦って、ってなってました。
でも、留学生とか関係ないな、って。
英語のせいにしてたらあかん、って思います。
できていないのは、英語が原因じゃなくて自分自身が原因です。
わかってへんねやったらわかるまで勉強したらいいし、周りが英語できてる(アメリカで生まれてるから当たり前!)ことに敏感になりすぎる必要はない。
人の何倍かかってでも、自分がわかるまでとことん勉強したらいいって思います。
それがこれからの自分の為になるって信じて、積み上げていきます。


性格的に積極的なほうやと自負してたんですが(笑)、もっと積極的に!
楽ではなくても、楽しみながら!

今、金曜日の夜ですが久しぶりにゆっくりと過ごせてます。
ハウスメイトの先輩が生春巻きを作ってくれて、自分はお好み焼きを作りました。
昨日、先輩が作ってくれたスフレチーズケーキをデザートに食べて幸せな晩ご飯の時間でした!!!
食べてるときと寝てるときが一番幸せ。
今日はしっかり寝る!!!!!

そして
来週も頑張ります。(^^)

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-02-20 12:37 | 留学
新しい家に引っ越してから料理をするようになりました。理由は三つ。前の家では大家さんが変な人やったからキッチン使うのが大変やったことと、今の家ではハウスメイトの先輩が超家事できる人ということと、今の家のキッチンがすごぐ使いやすいということ。
まだ冬休みで時間的に余裕もあるということもあるけど基本三食とも自分で準備します。特に夕食は先輩と一品ずつ作ったりして日本食のオンパレード。調味料が完璧に揃ってて何でも作れる環境や!(いや、ちょっと言い過ぎた。)朝は果物とか摂るようにして、昼はぱぱっと作れるものを。夜はああやこうや言いながら料理してます。これがまた楽しい。先輩が一汁三菜などのバランスをめっちゃ大切にしてくれる人やから栄養バランスは完璧かと。毎日おいしすぎて食べ過ぎて逆に太ってしまうんちゃうかって思うぐらい!

カレー、豚の角煮、余った角煮でチャーハン、カレーうどん、カレードリア、(カレーほんまに万能!)、トンテキ、野菜スープ(大量に作って保存)、もつ鍋味の鍋(もつは手に入りません。笑)、トマト煮込みハンバーグ、オムレツ、味噌汁
などなど。
も~ちろん、白米!この家は代々日本人留学生が住んでるから炊飯器が二個もある。
夕食は先輩と分担して作るから楽です。一人一品作ったらその時点で二品食べられる!あとは毎日、サラダか余ってる野菜を炒めたものなどを準備してくださいます。有難い。

プラスすごい役立ってるなって思うことが食材の保存方法の工夫。食材の保存方法に工夫が必要なのにも訳があります。まず、安くて良いスーパーには車でしか行けない。となると、大家さんのじーちゃんに連れてってもらわなくちゃいけない。そうすると必然的に食材かいもんの頻度は2週間に1回程度。ここで重要になってくるのが1度に大量に買った肉、野菜達をいかに新鮮な状態を保ちながら保存するか!!!日本で一人暮らししてた時なんかはスーパーがすぐそこにあるからこんなこと考えたことなかったです。けど、ここでは生きてく為に必要なこと。(笑)先輩が色々教えてくれるのでこの冬休みで生活の知恵がパワーアップしてるのを実感してます。肉は1回に使うおおよその量に小分けして冷凍、野菜も種類によってはみじん切りにして冷凍、冷凍方法も種類別に工夫をこらして、、、などなど。

なんか自分が思ってた以上に学べることが生活の中にも転がってて、今までの自分ってほんもに何もしてなくて何も知らなくて恵まれた?便利な?環境で生活してたんやなと改めて実感。これからセメスターが始まって専攻の授業を取っていってもちろん勉強はたくさんしなあかんし勉強したいこともたくさんあるしその為にアメリカに来たけど、それらとは直接関係のない生活の中でもここに来て初めてわかったことや知ったことなんかもたくさんあって。
別にアメリカに来なくても知ることができたことかもしれないけれど、この地だから日本の良さを改めて感じることも多くて、でもアメリカに来てよかったって思うことも多々あって。

うまく言えへんけど、とりあえず充実してます。これからもっともっと充実していくはず。というか充実させてやります。

本当に大切なのは「自分で行動する」こと。Lazyにならずに、何事に対しても積極的に労力を惜しまず!好奇心を持って!
また明日も生きることにする。


全然勉強や自分の専攻に関係無いけど、たまには留学生活のこと書いてみようと思って書いてみました。


明日はトレーニングしてから勉強やーーー!!!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-01-08 23:52 | 留学

不慣れ

今日は水曜日、授業が始まって3日が経ちました。

授業といっても英語メインの授業で、テストの結果TOEFL-iBT対策の授業も履修できることになりました。それはそれで有難いし、1月からはアカデミックの授業が始まることは確定していますが、自分の英語のできなさに驚いています。
いや、そもそもそんなに英語力が高い訳では無かったので今驚くのも変な話で、ネイティブに比べて話せないのは当たり前なのですが、他の留学生がみんなペラペラ。笑
「え、なんでここの授業取ってんの?笑」って言いたくなるぐらい流暢に話すし、難なく先生とコミュニケーションを取っています。
最初やし自分が慣れてないのもあるとは思うけれど、それでもやっぱり驚いたしちょっとへこみました。

でも、こんなところでへこんでられへんし、逆に言えば慣れればこっちのもんやし、英語に関しても自分の専攻に関しても勉強できることがたくさんあるんや!と捉えると、今の状況だって色が変わって見え方が変わって楽しくなってきます。
自分なんてまだだやし、英語もまだまだやし、って思ってもそんなの当たり前やで!って自分で自分に言葉がけしてます。言い聞かせるんじゃなくて。
目指しているものはずーっと先やけど、「今」をしっかりと歩まないと絶対に成長しない。
だからやらなければならないことや、特に「やりたいこと」に対して力を抜きたくありません。
関西人やし、がつがつといきます!!!笑
1月からアカデミックが始まった時にちょっとでも英語で戸惑わないように頑張りたいと思います。


明日も朝から授業!今週は先週に比べて寒さはちょっとましやから元気。
大学には半ズボンの人とかいてるけど(笑)さすがにそれは寒いやろ、って思いながら歩いてます。笑


家に帰ってご飯作って、やることやって今日も早く寝ます!笑

[PR]
by mayk_trace_atc | 2015-10-22 05:38 | 留学
12日の夜にボストン・ローガン・インターナショナル空港に到着し、その日は空港近くのホテルで1泊。
次の日の朝に大学へ向かいました。

あいにくの雨で、荷物を運ぶのが本当に大変。笑
なんとか指定されたオフィスまで行き、担当の人に会えました。
すると日本人の学生さんが一人おられて、知り合うことができました(^^)
オフィスに寄った後、担当の人とホームステイ先を見に行くことになっていたのですが日本人の方も来てくださることに!
本当にありがたいし、出会いって大事やなって感じました。

ホームステイか寮か選んで、と告げられた後にまずはホームステイ先へ。
授業がある教室から近いのはいいのですが、部屋に机とベッドが無い。笑
え、これが普通なんかな?って思ったら、違うらしい。そりゃそうやんな。笑
しかも超高い(笑)でも、オフィスの人にも寮はもっと高いし、8か月?いないといけない、と言われて、、、(笑)
オフィスの人もあまりにも高いって思ったのか値段交渉と生活状況(洗濯など)についても聞いてくれたんやけど、その電話が返ってこない。
そしてそして、オフィスの人曰く「電話返ってこないってことは拒否ったんだよ、向こう。」
わー、なんだよそれー。って感じやったけど、仕方ないから寮かなって思ってたら、、、
なんと新しいステイ先を見つけてくれました!オフィスの人がめっちゃ優しくてほんま泣ける!笑
荷物運ぶのとかも車出してくれて、本当に助かりました。
この日は一日中インターナショナルオフィスにいた!笑

大学のすぐ近くのおうちでステイさせてもらうことになって、おばちゃん?おばあちゃん?の間ぐらいの人(表現難しい笑)が一人で住んでて、娘さんが隣町で夫婦で住んでるから元々の娘さんの部屋を使わせてもらうことに!
古い家やけどすごいきれいで、マザーがめっちゃしっかりしてるし、めっちゃ優しい!今まで何人もの留学生受け入れてきたみたいで慣れてる感じがする。
ご飯は自炊やけどそっちのほうが太らなさそう(笑)
食料品もいつでも買いに連れてってあげるよ、って言ってくれて色々と丁寧に教えてくれるから本当に有難いです。
街のこととかアメリカのこととか色々教えてくれて、Salem State Universityも大好きみたいです。
アメリカ人って雑そうって思ってたけど、ジョゼ(マザーの名前)は綺麗好き!笑
洗濯物の匂いとかも気にしてくれて、「この柔軟剤いける?気に入った?」とか気遣ってくれます。

今のところ、ここの家でよかったなって思います!まだ住んで3日目やけど!笑

日本にいるお母さんも色々心配してくれて、自炊の便利グッズ送ってくれるらしいです。
生活のこととかも気にしてくれてほんま有難い限り!
いろんな人に支えられてるなって実感します。



昨日、テストとオリエンテーションがあって来週月曜から授業です。
授業は朝早いのがほとんどやから早起き頑張らんとな~。
昨日のオリエンテーションで友達もできてすごい充実してました!
留学生の出身国が多すぎて、まったく覚えられてない(笑)
徐々に色々知っていけたらな、と!

今日はこの後、授業料払いに大学へ!午後はマザーとかいもんと銀行に行きます。



最初着いた時は一人やし、色々不安やったけど何とか生きていけそうです。
周りの人にほんと助けられているな、って実感。頑張れそうです!


慣れは時間を要するかもしれんけど、楽しめるかどうかは自分次第かなって感じます。
新しい出来事を恐れずに楽しむことを大切にすれば、日々は充実したものになるんかなって。
難しいこと、しんどいこと、辛いことはきっと今後の自分の為になるから、どうせやったら何事も楽しもう!


てな訳で、アメリカでも頑張ります(^^)


[PR]
by mayk_trace_atc | 2015-10-15 23:02 | 留学

see you again

d0333793_15321663.jpg


出国手続きも終わり、ゲート近くに座って搭乗を待っているところです。
伊丹空港から羽田空港、そこからバスで成田空港まで来ました。

伊丹までお母さんとお母さんの姉が送ってくれて、友達も何人か見送りに来てくれました。
もーちろん幼なじみも!ヒューマンの子も来てくれてほんまに嬉しかった!
いやー、泣きそうやった。笑
寂しいよりも嬉しくて感動しました。
離れていても気にかけてくれたり応援してくれたり心配してくれたりする人たちがいる、っていう安心感と自分は一人じゃないっていう気持ちを強く感じられて涙が出そうでした。

昨日の夜から今日の朝にかけて連絡をくれた人も何人かいて、本当に感謝の想いです。
さっき座ってる時に大学の部活の同期から電話があって色々話して、そいつがまた久しぶりやったからすっごい楽しかったです。
「今日行くんやっけ?」って(笑)
軽すぎるのと急すぎるのとで笑いました。(笑)
でもありがとう。
自分は学生トレーナー兼主務で、電話くれた同期は主将。主将主務ってセットのことが多くて、色々なことを一緒に経験してきた仲間です。
迷惑もいっぱいかけたし、周りから見たらそんなに特別仲良く見えなかったかもやけど、こうやって電話してくれるのはすんごく嬉しいなー。
お互い頑張ろう!!!


自分の周りには何かに向かって頑張ってる人や、志を持ってる人が幸運なことに多くていつも良い刺激を頂けています。
こういう友達に次に会ったときに色々な話ができるようにたくさん笑い合えるように、自分も異国の地で頑張りたいなって思います。


good byeじゃないんよね。
次会う時が楽しみだ、っていう思いを込めて
see you again!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2015-10-12 15:17 | 留学

VISAが届いた!

留学する上で手続きが色々必要ですが
一番気を遣う、気を張る?、緊張するのが
ビザかなと思います。

昨日ビザが届きました。
ビザ面接からは3日ほどで届き、面接も一瞬でした。
書類やお金の支払いに不備さえなければ
学生ビザは比較的すぐに発行されるようです。

大学に出願して受け入れられると
I-20という入学許可証が届き、これがビザの発行には必要です。
自分の場合、これが中々届かず。(笑)
届くには時間を要してた友達が結構周りにいたので、
そこまで焦ってなかったのですが
大学側の若干のテキトーさも感じて少し不安になったりもしました。笑

住むところ無いとも言われましたし。笑
一応、今は寮に入れるらしいのですが不確か。笑
まあなんとかなるでしょう!

とりあえず出発まで3週間ほどとなりました。
英語の勉強、解剖学を英語で、
そして友達やお世話になった人に会う
この三本立てでいきたいと思います。
1日1日を大切に。
その瞬間はもう戻ってこないから
その瞬間を大事にしていきたいです!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2015-09-22 01:22 | 留学

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I