人気ブログランキング |

カテゴリ:my feeling( 7 )

外国で生活するということは
こういうことなんや
って感じるここ2、3日を過ごしてます。


熊本県で大地震が起きました。
東日本大震災から5年が経ち絶対に忘れはしないけれど、やっぱり時間の経過と共に「大地震」というものに対する意識は自分の中で薄れていました。


熊本県には3年前に西日本インカレで行きました。
自分と同じようにアスレチックトレーナーを目指している友達は熊本出身です。
彼女の家族は無事なようですが避難生活をしている状況のようです。

ニュースを見ると徐々に犠牲者の数も増えている印象で
これからの天候次第では被害が拡大する可能性が高いようです。

SNSでも熊本の地震に関する記事が多く、たくさんの人があらゆる形で熊本や九州へエールを送っています。


一度行ったことのある土地でもあり
熊本や九州の友達も多く他人事のようには思えません。


一人でも多くの人が助かりますように
これ以上犠牲者が出ませんように
早く自宅へ戻れますように


と祈ることしかできませんが、エールを送ります。




「熊本で大地震」という文字がLINEニュースで届いたとき
母に連絡しました。
実家は奈良でむちゃくちゃ遠いですが
アメリカにいると何もわからないので念のため連絡しました。




このとき
外国で生活するってこういうことなんや、
って感じました。


自分の国で何が起きても
自分のふるさとで何が起きても
自分の家族に何が起きても
自分の友達に何が起きても
大切な人に何が起きても

すぐには駆けつけられないということ。
情報も入ってこないということ。

無力感をひしひしと感じました。

「お前ひとりが日本にいたところで何もならんわ!」って言われそうですが、それでも自分にとって大切な人たちと離れて暮らすというのは時にこういう歯痒さも感じるのだ、ということを身に染みて感じています。




アメリカに来て勉強すると決めたことに後悔は全くしていないし
むしろチャレンジや発見の連続であり
わくわくすることや達成感を感じることなど
ポジティブな感情のほうが多いです。


でも、時にこういう何もできない歯痒さも乗り越えなければあかんのやな
って。


自分は今できること、やらなければならないことに
一生懸命取り組もうと思います。

「今」この瞬間の環境が永遠に続くとは限らないのです。
しっかりと肝に銘じようと思います。




本当に一人でも多くの人が助かりますように!

負けるな熊本!負けるな九州!




by mayk_trace_atc | 2016-04-16 11:32 | my feeling

覚える VS 知る

今日は日曜日です!


やけど、課題が多すぎて気持ち的に日曜日な感じがしません。
しいて言うなら図書館にいる人がめちゃくちゃ少ないのが日曜日感を表しています。

土日の図書館は人が少なくてオススメです。



もう4月も2桁の日にちになりました。
ほんと時間が過ぎるのがあっという間で、時間の流れに取り残されないようにと必死です。


アメリカに来て、「タイムマネジメント」は本当に大切だなと感じます。
毎日授業があって、それぞれの授業に対してやらなければならないことがあって、
授業の合間を縫って課題をしたり先生に質問しに行ったり。

もちろんご飯を食べたり、ちょっと休憩したり、寝る時間だって自分にとってはすごく大切です。
寝ずにいろんな作業ができる人や徹夜ができる人、本当にすごいと思います。
自分には絶対できません。だって眠いんですもん。笑

「6時間は絶対寝る!少なくても5時間は絶対寝る!」が自分ルールです。



さてさて、この「時間」ですが、
セメスターが始まったころは何をするにも時間がかかっていました。
取り掛かるのは早いのに全然終わらない、とか、全然覚えられない、のオンパレード。


しかし、最近は一つ一つをしっかりとこなすことができているような気がします。
それは、「それぞれに必要な時間を自分で把握できてきたから。」
と解釈していました。

それも一つの要素だと思いますが、もう一つ見つけました。



それは、『覚える』意識から『知る』意識へ変わってきたこと。
『覚えなければ』から『知りたい』という変化でもあると思います。


特に初めのころは、「こんなけもこんな短期間で覚えんの!?!?!?!?」のショックばかり。
特に外国語ということから生じる精神的ハードルとも相まって、
量に意識がいっていたような気がします。


それが最近では、「知りたい」という意識で勉強できているような気がします。
(勝手な自己分析ですが笑)

人間の記憶なんて曖昧なもので、すぐに忘れてしまいます。
特に、覚えなければという外発的動機で勉強すると、
忘れてしまう速さと確率は高いような気がします。

でも一度聞いて、
その後何回も何回も見たり聞いたり考えて
かつ「知りたい」意識で取り掛かると
すっと頭に入ってくる感覚があります。

また、知ることの喜びと、それらを次に繋げられていける楽しさも最近は特に感じます。



アスレチックトレーナーとしていざ活動する、となった時には
頭の引き出しからすぐに知識を出せることも
たくさんある重要なことの中の1つだと思います。

その為にも、基礎をしっかりと知る。そして理解する。

簡単やけど、難しい。
難しいけど、単純作業。




これらを繰り返して、4月の残りも色々な知識を吸収したいと思います!


by mayk_trace_atc | 2016-04-10 04:35 | my feeling

2015年は?2016年は?

2016年になりました。日本では年の始めを三が日、正月というようにすごく重視しているような気がします。ゆっくりと家族で過ごしたり初詣に行ったり、と年の始まりの特別感を感じやすいと個人的に思います。

2015年、多くの人にお世話になり「今」の自分があります。ちょっとでもがっつりでも関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

今年は留学して初めて過ごす年越しでしたが、「年を越した!」っていう感覚が驚くくらいにありません。少し物足りない気がする程です。日本の正月味わいたい!って思ったり。でも新しい年が始まって、良い機会だと思うので旧年の振り返りと新年の抱負を記録用として書き留めておくことにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年は自分の人生の中で大きな節目の年。

2015年3月に大学を卒業しました。
同じように卒業する友達はみんな就職もしくは進路が決まっています。もちろん。
自分は4月から同じ大学の大学院に進学することになりました。ゼミの先生からの提案でした。本当は卒業の時点で留学が決まっていればベストやし、それを望んでたけど現実はそうじゃなく何も決まってませんでした。「決まってない」というより「決められなかった」という表現のほうが正しい。たぶんそれをゼミの先生は見抜いてたんやないかな。「卒業してふらふらするぐらいやったらとりあえず大学院入ってもう一回悩め。」というメッセージやったんかもしれないです。
何を悩んでたのかはっきり思い出せないし、アメリカにいる今ならもっと早くに来たらよかったのに、って思うけど、あの時の自分はたくさん悩んでたんやろうな。周りと比べてしまう悪い癖があるから、「友達はみんな社会人として社会で誰かの為に働くのに、アメリカに行きたいとか言うてる。何考えてるんや、自分。」みたいな感じと共に「やってけるんかな、ほんまに。」のような躊躇いもあったんかな。
たぶん「アメリカでアスレチックトレーナーになる」っていうことに対して、どこか自分で不安に思って決心できていなかった部分があったんだと思います。

でも大学院に入って、決心できました。
「今やってる勉強はやりたいこととちゃう。どうせ勉強するんやったら、自分がやりたいことしたい。」って。
プラス、学生トレーナーからの活動から離れて
「やっぱりアスレチックトレーナーになりたい。あの時が一番楽しかった。やし、関大での学生トレーナーの時にはできへんかったこと、選手が悔しい思いしてるのに力になってあげられへんかったこと、わからないことだらけやったこと、あのとき何かできていれば、、、とか今、『後悔』として残っていることを全部次に繋げたい。」って強く思うようになりました。

思ったらこっちのもん。決心できたらあとは行動するだけ。
心に決めることができれば人は勝手に動くもの。

それまで留学出願の準備(事務的作業)はある程度していたのでそこからは早かったように思います。

10月からアメリカに来ることができました。

覚悟を決めて突き進むって難しい。でもビジョンを明確に持って相応の努力と行動さえ伴えばできないことは無いと信じてます。『努力』と『行動』の前に『具体的なビジョン』。『具体的なビジョン』の後に『努力』と『行動』。
これらが足りていないときは何も進まないし、何も見えてこないし、何も変わらない。動きたいけどじっとしていると、じっとしかしていないと、自分で自分に嫌になります。



そして、2016年になりました。

今年は自分の夢や目標の「基礎」を積み上げる年になります。よく言われることですが、何事も基礎が大切。学問的なことに関しても基礎がしっかりしていれば応用の理解もし易いし何より現場での実践を考えると基礎は本当に大事だと思います。アスレチックトレーナーを職業にしたいと思っている以上、基礎の徹底には力をしっかり入れたい。それが自分の為でもあり、何よりこれから出会う選手の為でもある。
そして今年中には大学院へいよいよ出願。2017年の夏からは大学院で勉強できるように。それまでの計画をしっかり立てて1つ1つ段階をクリアしていくことも今年の目標の1つ。

再来週から授業も始まって、解剖生理学やアスレチックトレーニング入門を履修する予定です。ATルームでの活動などはどのようなものなのかなどまだ未確定なことも多いけど、それも楽しみです。


今年、2016年のテーマは、
あらゆる場面での「基礎の徹底」、どんな時でも「感謝の気持ち」、例えピンチでも「楽しむ」

自分の性格上、固定観念や先入観にとらわれすぎて柔軟に物事を受け入れられないところがあります。また必死になりすぎてしんどくなって周りが見えなくなって楽しむことを忘れて負の連鎖に入ってしまうことがあります。しかも後から考えたらそんなにネガティブに考えなくてもいいことを考えすぎてしまうこともよくあります。

だから今年のテーマはこの3つにします。今年は色んなことが始まって、時に決断をしなければならないことも出てくると思います。後で後悔しないように必死にがむしゃらに、でも楽しむ気持ちを忘れず、感謝の心を大切にして一日一日大切に過ごしていきたい。2016年の12月31日に2016年生きた自分に「頑張ったな!」って言ってあげられるように、日々進んでいきたいと思います。


今年もたくさんの人に出会って、たくさんの人にお世話になって、たくさんの人と一緒に生きていくと思います。
少しでもがっつりでも自分に関わってくださる人達、よろしくお願い致します。

笑顔で元気に今年も生きていきます!

by mayk_trace_atc | 2016-01-05 13:10 | my feeling

師走

全然ブログが続かず、自分の三日坊主癖が嫌になります。(笑)

早いもので12月になりました。2015年も最後の月を迎えました。授業も佳境を迎え、サンクスギビングが明けると学生はみんなファイナルに向けて猛チャージです。サンクスギビング前日は図書館に誰もいなかったのに昨日今日は混んでました。はっきりすっきりわかりやすい現象です。(笑)

そういえばサンクスギビングはニューヨークに行ってきました。ボストンからバスで4時間で行けるので比較的すぐに行くことができます。ニューヨーク州の大学に通っている友達がいるのでマンハッタンで合流して色々と案内してもらいました。自由の女神、タイムズスクエア、ブロードウェイ、美術館、9・11メモリアルなどなど、とりあえず初めてのニューヨークシティだったので王道を。
こっちに来てからどこかに行って遊ぶことも無かったので久しぶりに息抜きができました!NYCには色んな人がいて、「この土地に何かを追い求めて来ている人がたくさんいるんだろうな。」と歩きながら考えていました。
おいしいものもたくさん食べることができて大満足な旅になりました!楽しかったー。

d0333793_11514058.jpg

ボストンに着いて、そこからセーラムに帰ってきました。なんかもうすでに「故郷感」がすごいです。(笑)ほんと住めば都ですね。特別便利っていう訳でもないけど、特別不便っていう訳でもないので結論良いところやなってなります。

再び授業が始まり、朝も起きるのが早い生活に戻り、なおかつ朝すんごい寒い。でもまだまだらしいです。恐ろしい。
今週はテストもあるのでいっちょしっかり自分の力を試したいなと思います。来週はTOEFL‐IBTを受けます。ボキャブラリーの維持・向上はしっかりと怠らず、あと苦手なReadingのカバーも。Listeningは波があるので高い集中力でしっかりと練習する。
来セメの相談と今後の中期的な予定もしっかり立てないと。やるべきことはたくさんあるけど、今何をすべきかをそのときその時でしっかりと判断して全力で取り組んでいく!!

2015年、最後の月をアメリカで笑って終えられるように。

Keep going.

by mayk_trace_atc | 2015-12-01 22:31 | my feeling

慣れ

もう既にアメリカに来てから1カ月が経ちました。色々な面で慣れてきて、元気に過ごしています。

良いように聞こえる「慣れ」ですが、実は自分にとっての大敵でもあり諸刃の剣です。慣れてきて肩の力が抜けてきて自分らしく元気に過ごせるようになってきたのはいいことですが、慣れてくると人は楽な方法や近道を学習します。今、語学の授業しか無いというのもあるかもしれませんが、来て最初の1週間よりも頑張っていない自分がいることにすごく腹が立ちます。「何してんや!」って思います。
語学の習得に近道なんて無いし、アスレチックトレーナーになるのに近道なんてありません。楽になれるようなものではないし、仮にアスレチックトレーナーになってからも一生勉強です。それを追い求めたくて、なりたくて、勉強したくて、お金と時間を費やしてこの国に来ているのに目の前のことに頑張っていない、真摯に受け止めていない、周りのせいにしている自分が許せません。

だから、慣れは大敵です。でも必要なものです。このことをもう一度頭に叩き込んで勉強します!!!



全く話は変わりますが、パリで大規模なテロがあったようです。ニュース、Twitter、Facebook、インスタなど様々なツールで情報を知ることができました。死者は120人にも上り、重傷者も80人程おられるようで今後さらに犠牲者は増える可能性があるとのことです。カフェやレストランで銃撃、サッカーの国際親善試合中に爆発などがあったようです。
ついこの間一緒に買い物に行った友達のお兄ちゃんがパリに住んでいます。彼女のお兄ちゃんは無事だったようで安心しました。
自分の周りにもフランス人の子などもいたりするので日本にいたときよりも「外国のニュース」という感じがしません。今、自分がアメリカにいるということもあると思いますが、国際情勢に以前よりも敏感になっているような気がします。

本当に痛ましいです。少し前にエジプトからロシアに飛んだ旅客機が離陸後すぐに爆発し墜落、乗客乗員全員死亡というニュースもありました。これもテロとの見方が強いようです。
どんな理由があってもテロは許されるものではないはずです。人の命を奪う権利は誰にもありません。
みんな楽しい時間を過ごしていただろうし、夢だってあっただろうし、この後大切な人に会う予定だったかもしれません。

どんな理由があってもテロは許されません。
一刻の早く負傷者の方が回復されるのを祈り、犠牲者の方にご冥福をお祈りします。

こういう事件が起きる度に平和って何かな?ってすごい考えます。何の知識もない自分が考えても仕方ないんですが、すごく考えます。こっちに来て友達と話すときにたまに歴史の話なんかになります。日本の中で知っている地名は?って聞くと、「TOKYO」「HIROSHIMA」「NAGASAKI」「OKINAWA」って言われたときは「はっ」としました。小学校と中学校でそれぞれこれでもかってぐらい学んだのに、全然話せなかった。自分の国のこと、本当に何もわかってないなって恥ずかしくなりました。

平和について学びにきた訳じゃないけど、知っておくことの大切さを感じています。
時間見つけて大人としての教養も身につけていきます。

d0333793_11374786.jpg



今日も早く寝て、明日も頑張ろっと!!!

by mayk_trace_atc | 2015-11-14 21:34 | my feeling

1年は長い?短い?

先々週ぐらいは寒かったけど、今週はすごくあったかいマサチューセッツはセーラムです。
でもすぐに寒くなっていくと思うので気は抜けない。

こっちに来てもうすぐ1カ月が経とうとしています。段々と慣れてきて、街の全体像や大学の各オフィスの場所なんかも把握できてきました。
今週は次のセメスターの登録やまだ足りてない予防接種を受ける必要があったりで、色んなオフィスを行ったり来たり。笑
すっごく疲れました。「ここではわからん、あっち行けー。」「ここ来る前にあのオフィス行ってー。」ばっかり。笑
「さすがアメリカやな。」と思いながら歩きまくって、最後にはキレかけて(笑)、結局インターナショナルオフィスの人が全部解決してくれました。
感謝感謝。色々あったけど一応すべて完了したので良しとします。

さてさて、こっちのことはさておき、日本ではハンドボールの全日本インカレが開催されています。今年は北海道!
「えー、去年は岐阜で特に何も無いところやったのにー。いいなー。(岐阜県の皆さん、ごめんなさいm(__)m)」という気持ちは置いといて笑、めっちゃ見に行きたかったー。。。


あれから1年。
関大での学生トレーナー活動が終わってから1年が経とうとしています。自分たちの代のインカレのことは鮮明に覚えています。
初戦も2回戦もほんまに危なかったんです。インカレって負けたらそこで終わりなんですよね。当たり前の話で。
その日まであらゆる準備をして臨む最後の大切な本当に大切な大会です。選手にとっても学生トレーナーにとっても。
シーズン最後の大会、最後の試合。ここに照準を当ててすべてのことをやってきました。

だからインカレでの試合はいつもより胸が熱くなって、涙が出てきます。というか、出てきました。
試合中は選手の動きとベンチでの選手の様子を見ています。特にコートの中では全体が見渡せるようにできるだけ自分の中で視野の意識を広げて見ます。攻撃をしている際のコートプレーヤーはもちろん、攻撃の際にキーパーも見ます。
何か異変があればキーパーは味方が攻撃しているときにその素振りをします。守備の時は集中してプレーしてるのでこちら側としては身体の異変には気づきにくいです。

でも、インカレでの試合は、特に後半残り10分とかは全くもっていつもの見方ができませんでした。
だってギリギリの戦いするんやもん。(笑)
ほんまに自分の未熟さを痛感した、と言いますか、最後までしっかりと学生トレーナーとして試合を見ることができなかったことはすごく反省です。
終わってないのに、負けてないのに泣いちゃいました。(笑)恥ずかしながら、2試合共。(笑)

後輩で手術をした為、役員としてベンチにいた(ユニフォームは着ていません)選手がいたんですね。
隣に座ってたんです。ずっと横で、「まゆこさん、大丈夫やから。絶対大丈夫やから。」って言ってくれてたんですね。
自分が先輩やし、本当は選手を励ましたり支えなければならないのに後輩がずっと励ましてくれてました。
この後輩は今年の主将です。怪我を乗り越えて、チームをしっかりとまとめる姿はすごく頼もしいし誇らしくもあります。
自分のことについては、インカレに賭ける思いがほんまに強かったんやな、って今振り返って思います。プラス、「引退したくなかった」「もっと学生トレーナーしたい」っていう思いも強かったんやなって思います。

準々決勝の筑波大学との試合で自分の関大での現役学生トレーナー生活は終わりました。完敗でした。
悔しいけど負けは負け。何かに一生懸命になることの大切さと楽しさ辛さ、学問としての奥深さ、自分の武器となる部分、自分の未熟さなど、すべてを教えてくれたそして何よりも成長できた日々でした。



今年は1回戦は順当に勝ったようです。後輩の活躍、母校の勝利はすごく嬉しいし、元気が出ます!
ある一人の後輩が活躍したようです。この後輩、自分のもう一つの役職であった「主務」をこの1年引き継いでやってくれました。
自分は選手じゃなかったので比較的余裕もあり、主務と学生トレーナーを兼任することは難しくは無かったと思います。でも、選手が兼任するのは本当に大変。
あらゆる所と連絡を持たなければならず、重要な手続きやお金の管理、雑務もしなければなりません。
この役職を引き継いでやってくれた後輩ですが、ハンドボールの面ではしんどい思いもいっぱいしていたように思います。
この子が苦しんでいる度に、前の主務としての申し訳なさがふつふつと出てきていました。
話を聞いてあげることしかできず、主務としてのアドバイスしかしてあげることができず、歯がゆかったです。
でもひたむきに頑張る性格の子で、本当に素直で誠実で、たまに不器用で。(笑)
そんな後輩が、試合で頑張ったようです。もちろんチーム全員ががんばったからこその勝利だと思いますが、この後輩は公式試合の経験が多いほうではありませんでした。
公式戦の経験が周囲より少ないというのは誰よりも本人が自覚しているだろうし、それが不安へと繋がる大きな要因になることもあると思います。
そんな逆境とも言える状況の中で、きっちりとプレーができ自分の力を発揮できたようです。
こういう力って本当にすごいなって思います。日々の小さな努力が実を結ぶってこういうことなんだなって感じました。

誰も見てないように思えても、きっと誰かが見ていて、誰よりも自分が自分のことを見ています。
毎日毎日その日やるべきことをしっかりとやっているからこそ、自分をごまかしていないからこそ、大きな舞台であっても例えそれが突如現れたチャンスであったとしても最大限の力を発揮できるんだなって思います。

見習いたいです。自分も日々の小さな積み重ねを怠らずに生活していきたいと思います。



さて、2回戦はどうなるかな~。今まさに行われている最中です!
Twitter情報では、12-10で勝ってます!前半終了しました。

また良い報告が聞けることを楽しみに待ってるよ。


by mayk_trace_atc | 2015-11-07 21:56 | my feeling
d0333793_21465665.jpg


一気に一週間が終わって、今日は火曜日。
朝少し早く起きて図書館に来てます。毎日6時に目が覚めてお腹減ってるんで(笑)起きて朝ご飯食べて、「うおっ。今日さむい〜」とか思いながらてくてく学校へ歩く日々です。
「天気いいな〜」とか「今日曇りか〜」とか、「朝焼けきれいすぎ!」とか「あ、りす。」とか思いながら歩いてます。笑
奈良にいるときは車と電車しか使ってなくて歩くとかなかったんでちょっと新鮮。
歩くって言っても難波とか梅田とか人ごみの中やから、「いかに人を避けて早く歩くか」に重きを置いていたのでこうやって何かを感じながら歩くのが久しぶりで悪くないなって思ってます。

授業のほうは段々慣れてきている気はしますが、まだ全然。
英語っていうよりかは「自分の考え」「言いたいこと」をまとめるのが追いついていないです。
日本語ですら出てきません。特にディスカッションになると。
出てきても曖昧な意見しか頭に浮かんでこない自分がいて、「普段から何も考えてない証拠やん」って恥じらいすら覚えます。
自分の母国語ですら考えや言いたいことが出てこないのに英語で言える訳がない。

「自分がどうしたいのか」「どうなりたいのか」「どう思ってるのか」をちゃんと伝えられるようになりたいです。
「こんなん言っていけるんかな?」って思う当たりが、日本人やな〜って感じます。
良い意味で「謙虚」と捉えられる場面もあると思うけどこの国ではちょっと横に置いておく必要があるかな。
郷に入れば郷に従え、ですな。



そんなことよりもうちょっと慣れてきたら、アスレチックトレーニングの勉強も再開したいと思います。
今はまだタイムマネジメントが上手くできていないので。
ほんま不器用やな、自分。笑
とりあえず来セメに取る授業も決めて登録もしないといけないのでね〜。
忙しくなりそうやけど、
めーーーっちゃ楽しみ!!!!

がんばるよ〜!

by mayk_trace_atc | 2015-10-27 08:47 | my feeling

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I