<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

初のポスタープレゼン

こんにちは!
今日は春のようにあったかいマサチューセッツです。
いや、4月も後半に差し掛かろうとしてるんですけどね、まだ寒いですよ。笑


さてさて、
今日は朝からプレゼンがありました。
しかも人生初のポスターボードプレゼンです!!!

テーマはNational Athletic Trainer's Associationが出しているPosition Statementから1つ。
二人組に分かれて、重要なポイント4~6つを抜き出して
ポスターボードにまとめて発表するという形です。

自分のグループに与えられたテーマは「Lightning Safety」
アメリカでは危険な気象条件の1つとして捉えられており、
特に屋外でのスポーツ活動においてアスレチックトレーナーが
気象の観察や緊急時には的確な判断をしなければなりません。

日本ではどうなんでしょうか?
自分は大学時代に屋内競技の学生トレーナーだったので
このあたりのことには疎いです。。。
アメフトでは雷が鳴ったり予報で出ていたりすると
試合や練習はすぐに中止する、という類の話を聞いたことがありますが
それもすべての競技レベルにおいてなのか
規則や提言のようなもので定められているのか
他の屋外競技ではどのように捉えられているのかなど
気になることはたくさん出てきました。

また時間を見つけて調べてみたいなと思います。



さて、話は戻り、プレゼンへ。笑

まずポスターボートって聞いて
始めは「え?何それ?」の状況でした。笑
フツ―に模造紙だと思っておりました。
違うんです。固いんです。ボードなんです。

アメリカでは普通らしく、
みんな高校とかでプレゼンをやるときに
必ず一度は使ったことがあるくらいのものらしいです。

そして、先生が指定したサイズがめちゃくちゃ大きく、
三つ折りになってるポスターボードで一番大きいものを
ターゲットで買いました。
(ターゲットというのは、何でも売ってるでかいお店です。笑)
(日本のニトリ+ホームセンター+家電量販店+薬局+しまむら的な感じです。笑)


とりあえずグッズは手に入れて、
相方と作業に取り掛かろうとしたんですが
この相方が何もしない!!!!!!(笑)
ほんっとうに何もしませんでした。
写真3つを送ってきたくらい。
これは本当に腹が立ちました。

最初、どうやって6つの要素を抜き出すか
の相談をしたときに
「僕が要素抜き出して送るから、まゆこはボードに貼ってくれたらいいよ!」
と言われました。
いや、それは申し訳ない!と思い、
「いやいや、うちも要素抜き出すからそれで二人とも同じように
大事やと思った部分は取り入れて、違う部分は話し合おう!」
って言ったんですね。


まあこういう訳で、うちはうちでまとめて
彼が送ってくるのを待ちました。
しかし、全然送ってこない。笑
なんとなく予想がつき、とりあえず全部の構成を考えておきました。
すると彼からメールが届き、内容は写真のみ。

いや、もうなんで?って感じです。
時間も無く、そしてかつ彼は週の3日しか学校にいないという
意味わからん時間割で生活しているようで
プレゼンの前日しか会って相談はできない、と。

もう腹くくりました。
そしてそして、ポスターは一人で完成させました。


前日に少し打ち合わせをして、彼が言うポイントも確認。
ポスターを見せて彼に発表してほしい部分を伝えると、
「Nice. I like it. OK, that's easy.」
もうここまでくると彼には驚きません。笑
Easyと言ったからにはさぞかし素晴らしい発表をしてくれるんやろう、と
半ば皮肉じみた感じで当日を迎えました。



当日。
自分はやれるだけのことはやりました。
やっぱり外国語というのがネックで
不安ももちろんあり練習も何回もしました。
どういう言い回しをすれば伝わるか
とうすれば論理的に持っていけるか
など自分なりに考えてやりました。

相方は、君は何を準備してきたんだ?っていう感じの
発表でした。
自分の英語はめちゃくちゃゆっくりなのにも関わらず
彼が説明を広げないがために時間が余ってしまい、
拙い英語で頑張って補足説明をしました。

ほんまに焦りながら、でもちゃんと喋らな!と思いながら
必死に話しました。


それまであんまり良い顔をして聞いていなかったクラスメイトと先生でしたが、
ある話になった時に一気に雰囲気が良くなった瞬間がありました。



それは、日本の話をしたときです。


日本では雷による怪我は稀で、でも実際に起こっている。
アメリカでも数は減ってきているけど、実際に報告されていて
かつ危険でスポーツにも関わっているから
このようなPosition Statementが出されている。
でも、日本では雷に対してここまでオーガナイズされた
声明はおそらく無いと思う。(知らないだけかも)
自分が聞いたことがあるのはカレッジフットボールでの話(前述)で、
他の競技ではたぶんそこまで注意を払ってないと思う。
テーマに関わらず、アメリカはこのような安全に対する指針がしっかりしている。
だからアメリカに来たんだ。(ちょっと色々飛躍しすぎました。笑)
君たちは幸せだよ、なぜならこんなにも多くの提言が
きれいにオーガナイズされていて誰でもその情報にアクセスできる。
数年後、自分がAthletic Trainerになったら
こういう人々の意識から遠のきがちな稀な事柄に対しても
正しい知識を日本で普及していけたらって思う!


ほんまに拙い英語で、この内容のことを話したとき
聞いてくれている人が一番こっちを向いてくれました。


今回のプレゼンで感じたことは、
内容を理解した上で自分の言葉で伝えることの重要性
です。

「英語をうまく話さないと」ということに縛られすぎていて
発表の前半は聞いているほうも面白くなかったと思います。
何回も練習したせいで文を覚えていて
ただつらつらと文を読んだだけ
という印象を与えていたのではと思います。

もちろん英語をうまく使って話すことは大切やし
そこにかけるエネルギーを減らすことは
絶対無いと思いますが、
もっと内容を濃くしていけるように
次回は努力したいなと感じました!



でも、めちゃくちゃ有意義な経験で
これからたくさんあるプレゼンを
より良いものにしていくためにも
色々と収穫の多かった初の専門分野でのプレゼンでした!



あと、NATAのPosition Statement
めちゃくちゃ良いと思います。
すんごい価値のあるものだと思います。
綺麗にまとめられていてわかりやすく
恐らく各分野の権威のある教授達が
合同で作成しているのではないかと、、、。

夏休みとか時間があるときにもう一度全部読み返したいです。







さて、明日はAnatomy&PhysiologyのExam!
勉強の合間に図書館で書いてますが、勉強に戻ります!


Good Luck!明日の自分!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-04-21 15:00 | Athletic Training
外国で生活するということは
こういうことなんや
って感じるここ2、3日を過ごしてます。


熊本県で大地震が起きました。
東日本大震災から5年が経ち絶対に忘れはしないけれど、やっぱり時間の経過と共に「大地震」というものに対する意識は自分の中で薄れていました。


熊本県には3年前に西日本インカレで行きました。
自分と同じようにアスレチックトレーナーを目指している友達は熊本出身です。
彼女の家族は無事なようですが避難生活をしている状況のようです。

ニュースを見ると徐々に犠牲者の数も増えている印象で
これからの天候次第では被害が拡大する可能性が高いようです。

SNSでも熊本の地震に関する記事が多く、たくさんの人があらゆる形で熊本や九州へエールを送っています。


一度行ったことのある土地でもあり
熊本や九州の友達も多く他人事のようには思えません。


一人でも多くの人が助かりますように
これ以上犠牲者が出ませんように
早く自宅へ戻れますように


と祈ることしかできませんが、エールを送ります。




「熊本で大地震」という文字がLINEニュースで届いたとき
母に連絡しました。
実家は奈良でむちゃくちゃ遠いですが
アメリカにいると何もわからないので念のため連絡しました。




このとき
外国で生活するってこういうことなんや、
って感じました。


自分の国で何が起きても
自分のふるさとで何が起きても
自分の家族に何が起きても
自分の友達に何が起きても
大切な人に何が起きても

すぐには駆けつけられないということ。
情報も入ってこないということ。

無力感をひしひしと感じました。

「お前ひとりが日本にいたところで何もならんわ!」って言われそうですが、それでも自分にとって大切な人たちと離れて暮らすというのは時にこういう歯痒さも感じるのだ、ということを身に染みて感じています。




アメリカに来て勉強すると決めたことに後悔は全くしていないし
むしろチャレンジや発見の連続であり
わくわくすることや達成感を感じることなど
ポジティブな感情のほうが多いです。


でも、時にこういう何もできない歯痒さも乗り越えなければあかんのやな
って。


自分は今できること、やらなければならないことに
一生懸命取り組もうと思います。

「今」この瞬間の環境が永遠に続くとは限らないのです。
しっかりと肝に銘じようと思います。




本当に一人でも多くの人が助かりますように!

負けるな熊本!負けるな九州!




[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-04-16 11:32 | my feeling

覚える VS 知る

今日は日曜日です!


やけど、課題が多すぎて気持ち的に日曜日な感じがしません。
しいて言うなら図書館にいる人がめちゃくちゃ少ないのが日曜日感を表しています。

土日の図書館は人が少なくてオススメです。



もう4月も2桁の日にちになりました。
ほんと時間が過ぎるのがあっという間で、時間の流れに取り残されないようにと必死です。


アメリカに来て、「タイムマネジメント」は本当に大切だなと感じます。
毎日授業があって、それぞれの授業に対してやらなければならないことがあって、
授業の合間を縫って課題をしたり先生に質問しに行ったり。

もちろんご飯を食べたり、ちょっと休憩したり、寝る時間だって自分にとってはすごく大切です。
寝ずにいろんな作業ができる人や徹夜ができる人、本当にすごいと思います。
自分には絶対できません。だって眠いんですもん。笑

「6時間は絶対寝る!少なくても5時間は絶対寝る!」が自分ルールです。



さてさて、この「時間」ですが、
セメスターが始まったころは何をするにも時間がかかっていました。
取り掛かるのは早いのに全然終わらない、とか、全然覚えられない、のオンパレード。


しかし、最近は一つ一つをしっかりとこなすことができているような気がします。
それは、「それぞれに必要な時間を自分で把握できてきたから。」
と解釈していました。

それも一つの要素だと思いますが、もう一つ見つけました。



それは、『覚える』意識から『知る』意識へ変わってきたこと。
『覚えなければ』から『知りたい』という変化でもあると思います。


特に初めのころは、「こんなけもこんな短期間で覚えんの!?!?!?!?」のショックばかり。
特に外国語ということから生じる精神的ハードルとも相まって、
量に意識がいっていたような気がします。


それが最近では、「知りたい」という意識で勉強できているような気がします。
(勝手な自己分析ですが笑)

人間の記憶なんて曖昧なもので、すぐに忘れてしまいます。
特に、覚えなければという外発的動機で勉強すると、
忘れてしまう速さと確率は高いような気がします。

でも一度聞いて、
その後何回も何回も見たり聞いたり考えて
かつ「知りたい」意識で取り掛かると
すっと頭に入ってくる感覚があります。

また、知ることの喜びと、それらを次に繋げられていける楽しさも最近は特に感じます。



アスレチックトレーナーとしていざ活動する、となった時には
頭の引き出しからすぐに知識を出せることも
たくさんある重要なことの中の1つだと思います。

その為にも、基礎をしっかりと知る。そして理解する。

簡単やけど、難しい。
難しいけど、単純作業。




これらを繰り返して、4月の残りも色々な知識を吸収したいと思います!


[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-04-10 04:35 | my feeling

Girls Teenagerはつかめへん

今日は木曜日。気温は低くはないけど、雨です。
Examを今日一つ終えて、一息つきたいところですが、明日もExamです。

でも集中が切れてきたので、休憩がてらに更新します。

今日は朝からIntro Athletic Trainingの授業がありました。
今日のクラスでは、まずは腹部のPalpationからスタート
前回の内容でやった部位を次の回でPalpationするという流れ、このクラスではよくあります。
たまに全ての時間をPalpationに費やすときもあります。

そのあと、今日の内容の頭部の怪我について。
まあいつも通り急性なものから慢性のものまで1つ1つMOIやSigns&Symptoms、特徴などをダーッと先生が話すのですが。
頭部と言えば、代表的なのはやはり脳震盪。
先生がUndergradで学んだときと今とでは脳震盪に対する対応がすごく変化した、という話なんかもしてくれました。

で、ここで今日の題名の「Girls Teenagerはつかめへん」っていう話が登場します。


ある女の子がいます。おそらくFreshman。
救急救命のクラスでも一緒の子ですが、挨拶程度しか交わしません。
なんかちょっと苦手なタイプやからです。(笑)
キャピキャピしてるんです。ほんまに「キャピキャピ」っていう表現がぴったり。
しかもそんなに真面目じゃない感じです。
CPRの実技の授業の時でも、
「え~、こんなん腕痛すぎやし。疲れる。」って言ってて
「は!?!?!?!?!?!?」
って思っていました。


話は戻り、脳震盪へ。

脳震盪への対応の変遷や、同じメカニズムでも人によって症状が異なる、
プレシーズンで色々な観点から測定をして選手の「ノーマル」を知っておくことの重要性
などを先生が話してるときに
おもむろに手を挙げる彼女。
「またなんかちゃちゃ入れるんかな」と思いました。
なぜかというと、いつも先生にする質問が「今それ聞く?!」となる質問ばかりだからです。

すると彼女は、
「脳震盪に関する論文を読んだんだけど、今先生が言った内容とは少し違ったような気がする。」
詳細は省きますが、とりあえず彼女が認識していたことと少し違ったようです。
すると先生は、
「なんていう論文?後で見てFeedbackするから私に送っておいて!」
彼女:「題名は覚えてないけど、University of Pittsburghだったかな?」
先生:「私、University of PittsburghでPhD取ったよ!(笑)まあいいわ、後で見よう!」



びっくり、の一言。
どうした急に?!?!って感じです。

Girls Teenagerはわかりません。つかめません。
真面目にやる気があるのかやる気がないのか、全然わかりません。
今まで彼女に持っていた印象とは違いすぎて驚きました。
しかも急に。


そんな彼女ですが積極的に質問するところや、興味のあるテーマについて与えられた・与えられること以外で自分で勉強している点は見習っていきたいなって思います。
自分はまだそこまで達していません。
授業の予習・復習で精一杯。


でも、勉強していく中で、今は中々時間が作れないけど、余裕ができたら調べてみたいと思うことも少しずつ出てきました。
思いついた時にリストアップしておいて後でまとめられたらいいなって思います。

また、このセメスターで勉強した内容の範囲内で自分が苦手?というか取っ付きにくいなと思っていることなんかも少しずつわかってきました。
来月頭からFinalが始まるので、Finalまでにここの部分はクリアにしたいと思います。




それでもやっぱり、Girls Teenagerは理解できないです。笑


[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-04-07 17:31 | 日々

日本は桜満開

昨日は夜に急に幼馴染二人から電話が来ました。
急すぎて何かと思いましたが、花見をしててテレビ電話をしてきてくれました。

シートを敷いて、お弁当を広げて、一緒に花見気分!

電話越しで日本の地元のすぐ近くの花見スポットで花見をしました。
桜がほんっとうに綺麗でした。
日本ってやっぱ素晴らしいなって改めて感じ、すごく誇らしく思えました。

日曜だったので人もたくさんいて、露店もたくさん出ていて賑わっていて、
懐かしい気持ちになりました。
幼馴染二人は苺飴を買って食べていました。
むっちゃ羨ましい。(笑)

夏に帰るときにはこの二人が自分の食べたいものに何でも付き合ってくれるそうです。笑
「ちゃんと考えときや!」って言われました。
任せとけ~~~~~~!!!!

こっちに来て初めて幼馴染と電話で話しましたが、
やっぱり落ち着きます。
自分でもびっくりするぐらい!
ほんまに小さいころから一緒に大きくなって、
一緒に育ってきて、家族みたいな存在です。
顔全然違うけど、三つ子の気分。笑

早く会いたいな~って思いました。
でも元気もめっちゃもらえて、
これからますます頑張れそうです(^^)

こうやって無条件に元気をくれる存在が近くで(物理的な距離ではなく)
いてくれているのは本当に幸せなことです。


日本の風景も見ることができて幸せなひと時でした!!


d0333793_12170981.jpg

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-04-03 10:59 | 日々
4月になりました。
日本では4月と言えば、新しい生活が始まる時期であり新しい環境または新しい出会いの中で勉強・仕事・生活を始める人も多いと思います。
しかし、ここはアメリカ。何らいつもと変わりません。
むしろ4月と言えば「もうすぐFinal Examやん…。」みたいな雰囲気がどことなく漂っている月でもあります。

自分の場合、Finalは5つ。
5月の頭からがっつりExamが始まり、少し間があいて13日の解剖生理学のFinalでこのセメスターは終わります。
なんとか食らいついてなんとかしがみついて、良いグレードを取りたいと思います。
やるかやらんかの問題なので、一つ一つしっかりと準備します。

Summerは解剖生理学②とOnlineのクラスを1つ取ります。
Fallはまだ確定ではないですが、残っているプレリクを取っていく予定です。
また、Fall SemesterにObservation Hourも取らせていただけることになりました。
実習に行く学生と一緒に連れていってくれるようです。
車も持ってないし、ましてやちゃんとProgramにも入っていないけれど承諾してくれたことに感謝です。
車を持っていない為、もし学外の高校での場合、他の学生に連れて行ってもらえるように振り分け+交渉してくれるようです。

どんな形になるのか(たぶんObservation Hourなのでそこまでがっつりやらせてはもらえないと思いますが、、、)クリニカルコーディネーターに聞いてみたところ、「授業で習ったことをどんどん見て、聞いて、実践していけばいいんだよ!あ、あと水とか!水も大事な仕事だからね~。自分の与えられた仕事をちゃんとこなすことが大切だよ、そうすればやらせてもらえることも増えていくし理解も深まる。Observation Hourだけど積極的にね!」と言われました。

有難いお言葉、本当にありがとうございます、って思いました。
たぶん不安に感じていることとか、「オブザベーションアワーやし…。」って思っていたことを教授は感じ取ったのでしょう。
確かに、実習では無いけれど、「スポーツ現場」には変わりはないな、って思います。

そこに行かせてもらえること、いさせてもらえることに感謝し、できることに対して積極的にいこうと改めて思いました。
貴重な経験になることは間違いありません。

がんばるで~!!!!




最近、「疲れたな~」とか「やることいっぱいやん…」とか悲観的になる時は、
”未来のこと”を考えるようにしています。
夏はこれ取って~、秋はこれやって、
大学院にも出願せなあかんし、
大学院入ったらこういうことも始まっていくし、、、など。
まだ大学院受かってないのに早すぎやろ、って感じですが笑

でも、これから先のこと
しかも明るくて楽しくて充実した未来を想像すると、
「その為に今頑張ろう」と思えます。

もちろん勉強のことだけじゃなくて、
あとこれ頑張ったら友達と遊ぶ!とか、
日本帰って会いたい人たちに会える!とかも考えます。

おすすめの方法です。

「今が一番大切や!」とよく言いますし、
それももちろんだと思います。
でも、少ししんどくなった時や息苦しくなった時は「未来」の楽しくて充実した日々を想像すると「今」の色が少し変化して見えてくる、と勝手に思ってます。笑

今日も明日の自分の為に、
一生懸命生きることにします。



今この時の楽しみは、
明日の朝に飲む深煎りのあったかいコーヒーです!!!

[PR]
by mayk_trace_atc | 2016-04-01 21:23 | 日々

関西大学女子ハンドボール部で学生トレーナーをしていました。現在Boston University Master of Science Athletic Training Programに在籍。関西大学→Salem State (MA)→Weber State (UT)→Boston (MA)


by Mayuko.I